漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
遥かなる時空の中で3
だるだるで家にこもりがちな私のために友人が貸してくけました♪
テレビやパソコンの画面を長時間見ても平気になったので、最近はじめたのですが……借りるときは「御目当ての人しかクリアしない」とか言ってたくせに、しっかりコンプリしてしまいました。
1よりも恋愛部分を全面に押し出した造りでした。それぞれのエピソードが深くて面白いのに、「運命書換システム」はちょっともったいないかなぁと思います。
1週目は全滅して神子だげ助かり、過去に戻ってやり直すまでのエピソード。
よって二週目以降が勝負です。

私の御目当ては敦盛だったのですが、クリアしなければいけないエピソードヒント、その章を攻略してしまってから出てくるんですよ(涙)。よって他の人で一回ENDして、過去に戻ってやり直し、三人目にしてようやくクリアできました。……最後まで終えなくてもやり直せると気付いたのは6人目の辺りです(涙)助言どおり最初から攻略サイト見ていればよかった。

ちなみに順番に言うと弁慶、譲、敦盛、先生、ヒノエ、義経、朔、将臣、景時、白竜、大団円の順番です。ちなみに朔から攻略サイト参考にしてます。将臣の夢を見た後の相談エピソード、なかなか出て来なくて(涙)大原に移動するんだったんですね。
感動の度合いは、やはり最初の方から順番に。ちなみに弁慶は例外です(ごめんなさい)、敦盛の絆が足りなくて、けれど譲ももうちょいで、気が付いたらこの人だけ間に合いそうだったので最初にクリアしてしまったもので。
譲、敦盛、先生、朔かな。譲のエピソードにはほんとに感動したので、らぶらぶEND状態から他の人を落すために過去に戻るのは抵抗ありました……なので、目当ての敦盛を先にクリアしていたら、多分そこで打ち止めだったかもしれません(笑)

ちなみに1では永泉、泰明、鷹道でした。好みって変わらないのかな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。