漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
雲乃紗衣「彩雲国物語 藍より出でて青」
昨日と一転雨の今日、この数ヶ月間に購入した本のレビューをあげておこうと思います。まずは彩雲国。アニメ始まりましたね、観られないんですが。



今回は短編集です。
「王都上陸!龍蓮台風」
「初恋成就大紛争」
「心の友へ藍を込めて~龍蓮的州都の歩き方~」
「夢は現に降りつもり」
最初の一本は雑誌で読んだ覚えがあるので、多分後半二本が書き下ろしかと思われます。龍蓮関連が二作あるだけにすごく楽しめました。本人は恐らく大真面目なんでしょうが、どうしてこうもギャグ要因(笑)

今更ですが、続きからネタバレです。
「王都上陸!龍蓮台風」
例の会試直後のお話です。龍連の変人ぶりに振り回されつつ、しっかり友達している秀麗たち。「まっすぐな人だけど方向が人と52度ぐらい違う」って表現の仕方が受けました。180度とか90度ならなんとか合わせられるけれど、かなり微調整できる人でないと難しい……なるほど。あと「誰かと関わるなら相手と同じだけのものを返さなくてはいけない」という邵可父の言葉も重いなァと思いますが。
あ。仮面騒動は楽しかったです。この人、まともにシリアスって実は滅多に無いんじゃないでしょうか、黎深さま。

「初恋成就大紛争」
気弱な茶家当主、克旬くんの物語です。
恋妻・春姫との初夜を姫の保護者にお膳立てされて、ノリノリの本人からも逃げ回る辺り誠実というよりヘタレっぷりが可哀想だけど受けます(笑)でも最後は愛は強し、という事で。
噂の縹家の秘密がちらりちらりと出てきています。

「心の友へ藍を込めて~龍蓮的州都の歩き方~」
個人的に一番楽しめました。
茶州名所巡りに連れていって貰う筈の若手一行、なのに龍蓮が目指したのはなぜか「最新妖怪名所」……?
一つずつ怪異の正体がわかっていくのですが、なぜか関係者ばかり出てくるのがお約束。彩雲国シリーズを読み込んでいればいるほど、面白いと思います。それにしても皆さん、個性強すぎ……。

「夢は現に降りつもり」
ここのところ出番のなかった王様の、切ない心情のShort。
実際彼は、最終的に何を目指しているのか、とてつもなく気の長いお話です。
ちなみに彼の父、先王の愛したのはただ一人ということがネタバレされますが、次に紹介するThe Beansの短編でそれが誰だかわかります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。