漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「SUPERMAN RETURNS」
こちらは先行上映でした。若いカップル多し。
有名なシリーズですけれど、間が長すぎてすっかり設定がおぼろげになっていたのですが、そんな心配もなく。旧作を知らずに新規に入ってくるお客さんにも「SUPERMAN」とはどういう存在で、その魅力はどういうものなのか、わかりやすい映画だったのではないかと思います。うん、面白かった。あと懐かしかったです。これの爽快感がスーパーマンなんだよなぁ。

以下、ネタバレ含むちょっと感想。

オープニングはアメリカの農場に巨大隕石が落ちてくるところから。
農場主の老婦人は恐れるわけでもなく、一目散に車を駆り現場に駆けつけます。そこで一人の青年を見つけるのですが……
彼がクラーク・ケント。
ナレーションから、彼が滅びた星からやってきて唯一生き残った宇宙人であり、五年の歳月をかけて故郷の星への往復の旅を済ませ帰還したことがわかります。そしてこの老婦人が彼の地球での育て親。善良な婦人。

久しぶりに帰ったふるさとで、その超人的な能力をのびのびと魅せるクラーク。基本的な運動能力が高いってだけじゃなく、他の物体に影響をあたえたり超能力が使えたりとそんな設定だったんだぁとやっと思い出しました。
これ、映画の最中でも復活したスーパーマンの人助けの仕方とか……最大の見せ場は暴走するスペースシャトルつきの飛行機を押さえてゆっくりと地表に(しかも試合真っ最中のスタジアム)降ろす、そりゃありえないでしょう、なんて言いッこなしです。五年離れている間に(実際の映画の期間はもっと長かったですが)争いはますます複雑・激しく紛争までおきていますが、それでも全て助けようと駆け回るスーパーマン……いやだから表向き新聞記者として働きながらなんて絶対無理なはずなのにやってのけてしまうのがスーパーマン。今の時代その原色の衣装はちょっと、と思っていたのになんだか格好よく見えてきたぞスーパーマン。
もう一つのスーパーマンの物語の魅力、新聞記者として表向き働く彼の同僚とスーパーマンの姿での恋があるのですが。五年離れている間に彼女に子供は出来るは入籍していないけれど同僚の旦那はいるわ大ショックのスーパーマン。ですがどうやら度に出る前に何もいわずに姿を消したらしく、その状態で五年も経てばねと納得の彼女の怒り様。
こうする事で二人の歴史も観客に説明できて上手いなぁと思います。
しかしこの旦那がまたいい性格(いい意味で)の男の人なんですよね、うーんヒロインの揺れる気持ちもわかるような……。
この子供が4~5歳なのでもしかしたら、と思ったお客さんは是非映画を。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。