漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
STARWARS その2
エピソードⅥを借りてきて、全部見終わりました。
アナキンはまんまシンでした。上の人にの甘い言葉に騙されちゃうトコとか、愛する人との最期とか。
オビ・ワンもアスランぽかったです。説得ベタなところとか(笑)弟子と闘うエピソードもその結末も。
そして……ハッピーエンド万歳!
私の知っていたSTARWARSはエピソードⅣとなるようです。懐かしい。
Ⅳ~Ⅵが旧作で、その後エピソードⅠ~Ⅲが創られたようで。ダース・ベイダー人気でしょうか。

……ごめんなさい、Ⅰから順番に観ていくと、親世代(Ⅰ~Ⅲ)より子供世代(Ⅳ~Ⅵ)の方が老けていて、どうしても違和感が……SFのスケールについては見逃せるんですけれど、これだけはどうしてもしっくりこなかったです。主人公の言動は確かに子供なんですけれどね。顔が……特にヒロイン。時代とともに変わるのね……。
あ、あとⅣしか知らなかったので、私はルークとレイアがカップルになると思ってました(笑)……Ⅴ・Ⅵと怒涛のラブコメが展開されていて(レイアのヒーロー役ってあの頃のステロタイプのヒーローかも)楽しめました。

ちょっとショックだったのはマスター・ヨーダ。
親世代ではあんなに格好良かったのにぃ(泣)…オビ・ワンの晩年はⅣを知っていたのでさほどショックではなかったのですが。緑の人、大好きでした。
しかしルークが最後の一人って……Ⅲじゃ確か他にも潜伏しているような形だったんですけれど、皆寿命だつたのかしら。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。