漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ガンダムSEEDその2
昨日の予告どおりSEEDのDVD13まで見ました。

……まだまだ頭がいっぱいです。
まずは音楽。
鋼の錬金術師もそうだったけれど、OP・EDと本編がうまく使われていて素適でした。あとカガリのイメージソング「暁の車」は、カガリのアスランとの出会いのシーンと父との別れのシーンに使われていましたね。
予め友人がMDをくれたので聞いて凄く感激していたのですが(最初に聞いたときは体が震えました……精神的に不安定なこともあったのですが、音楽を聴いただけで涙が出たの、初めてかもしれません)、この父と別れるシーンは……(涙)
ストーリーはまだ語れるほど飲み込めてないので、そのうち小説で補完したいです。戦闘シーンとか回想シーンとか随分飛ばしちゃったので。ていうか、やたら回想が多かったような???大量殺戮兵器がばんばん使われていくあたりは、きつかったです。
キャラクターは……主人公のキラとアスランはとりあえずおいておいて、女の子ではこの4人。
フレイ……民間人かあ。だから一番身近に感じられたのかもしれません。
ナタル……凄く最後まで凛々しかったけれど、彼女の事情はマリューに伝わるのかな。こんなことは余計なことなんだうけれど。操舵手ノイマン(多分)とカップルになるかなぁと思ってました。
マリュー……どこかのミサトさんを思い出して凄く好きでした。声三石さんだし。運命に出番あったら探しそうです。実は運命の彼氏を聞いてしまっただけに最終回はどこか安心していたところもあります。
ミリアリア……こんなに重要な役所にからんでくるとは当初思わず。最初から一貫してキラヘの気遣いを忘れないでいてくれただけに胸が痛みます、幸せになってほしい。
……ラクスとカガリはちょっとまだキャラがわからないです。
男の子では、
ニコル好きだったのに、こんなに出番が早くなくなるとは(涙)
ムウかいい男だったなあと。
イザークとディアッカは、前半と後半でイメージがかなり変わりました。

とりあえずこのあたりで。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。