漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アルスラーン戦記12「暗黒神殿」
いつの間に出ていたんですか!

退院後に密林さんで注文しましたアルスラーン新刊。
折り返しの作者コメントには
「昨年に続いて今年も新刊が出てしまいました。この分だと来年も出てしまいそうです。まずいな。」
いや、まずくありません(泣)
せめて一年に一巻ペースで……
発売当初は主人公と同年代だったのに、そのうち子供が同年代になりそうです。……流石にそれはないか。
vs蛇王軍団との戦いが激化。
……流石に無敵とはいかず、死人が増えます。戦記ものとしては仕方ないのですが心は悼むです。とくに火星←人じゃないやん!

こちらがメインにならないのが田中さんだと思います。
ミスルではいよいよヒルメスが動き出し、
一見蛇王に屈したかに見えたトゥラーンのイルテリシュは祖国の再興を狙って独走し、
ルシタニアのエステルはパルスを目指す。
……それぞれの陣営に前王の実子である証拠の腕輪を持った女性が加わっているのが上手いです。果たして本物は誰なのでしょうか。
あとアルスラーンの16翼将にあと一人ということで、私はヒルメスが入ったりしてとか予想してましたが、この分だとエステルの連れのルシタニア騎士ドン・リカルドが加わりそうですね。第一部で先触のような台詞があったようにシンドゥラ、トゥラーンに加えてルシタニアと、戦った国の相手が部下になる多国籍。

ナルサスのアルスラーンに対する予測というか自身の遺言ぽい台詞も不安ですが、
最後の場面でエステル(泣)
この展開がナルサスの予測を裏切って、アルスラーンを動かしてくれないかなー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。