漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ハーレクイン
ここ半年ほどハーレクインに挑戦しています。
自分の前予想通り、はまったのはヒストリカル=長編・時代物です。特にイギリスを舞台にして、公爵やら伯爵令嬢やら貴族のばんばん出てくる身分社会ものはいいですね。

ハーレクインの特色はなんといってもヒロインと、そして魅力たっぷりなヒーローの恋愛なのですが、
もうひとつの特色はそのカップルの性描写かな、と思います。
注:自分は成人です。
個人的には読み飛ばしていますが(笑)
ハーレクインの作者は外国の方なのですが、感覚が違うのか翻訳なので表現手法の違いなのか。直接的というかパワフルです。魅力を感じる男性の部分も流石オトナのオンナという感じ。

こういう描写にも情緒が欲しいな、と思ってしまうのは日本人だからでしょうか。
少ない知識の中から思い出すのは「日本の歌詞は誌的というか、婉曲」という韓国の歌手の方のコメント。日本の曲を韓国語で歌っているのですが、歌詞ががらりと変わっていました。他の国ではもっとストレートな表現が受けるようですね。

何作か読んだ中でのお気に入りを、次にあげてみたいと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

黒の貴婦人 (ハーレクイン・ヒストリカル・エクストラ 5)・ハーレクインヒストリカル・豪遊(笑)・独立軍の花嫁・六月の花嫁 濡れすぎたブーケの香り ハーレクインヒストリカル(腐女子論Z)ハーレクインサンゾロ合同誌の第二弾も、「ヒストリカル」
2007/12/29(土) 06:11:48 | ハーレクインがいっぱい
ボスには秘密 (シルエット・ディザイア 1205 恋人は大富豪 12)・ハーレクインヒストリカル・豪遊(笑) ハーレクインヒストリカル(腐女子論Z)ハーレクインサンゾロ合同誌の第二弾も、「ヒストリカル」編ということで、本格的に始動することになりま
2008/01/05(土) 21:57:47 | ハーレクインがいっぱい
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。