漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「旭山動物園のつくり方」
北海道に今、上野動物園を越える入場者数を誇る、日本最北の動物園があります。人気の秘密は「行動展示」……堀の中の動物をただ見るのではなく、動物の生態を見せるように工夫された施設にありました。

世間で随分話題になっているので、密かに一度は行ってみたい場所のひとつです。この本は、そんな私の好奇心を十分くすぐるタイトルでした。

どんな展示をしているか、具体的に知りたいのなら、他に写真満載の本があります。また動物園の今までの苦難の歴史を知りたいのなら、また別に探せます。
この本が他と違うのは、それに加えた、飼育員一人一人の特集ではないでしょうか。行動展示のアイデアは、飼育員自身のアイデアから生まれたもの。過去を振りかえりつつまたこれから何を目指すか、一人一人違う目標が語られていきます(あ、もちろん全員じゃないですよ)。巻末の園長の対談は読み応えたっぷりです。この動物園は、入場者に何を見て欲しいのか……ちょっと鱗が落ちるんじゃないでしょうか。
動物園に行く前に一読しておくと、きっとより多くのことに気付けるんじゃないと思います。
 





旭山動物園のつくり方「伝えるのは命」最北の動物園からのメッセージ
 
 
旭山動物園のつくり方「伝えるのは命」最北の動物園からのメッセージ

著者:原子禅 / 亀畑清隆
出版社:柏艪舎/星雲社
本体価格:1,600円





こっそり楽天さんに感想も寄せてみましたvv
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。