漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「密林の至宝 コリーとフェニックスのハネムーン・ミステリー 」
橘香いくのさんは、コバルト文庫で私が今も買っている作者さんの一人です。作品の中では殺人事件もおきたりするのですが、総じて文章は軽快で、登場人物のやりとりはコミカルで楽しく、気負わず少女漫画のように読める作品です。

主人公コラリーは、庶民育ちで大きくなってから大富豪の祖父に引き取られた、お人よしで明るい好奇心旺盛な女の子。同じく彼女の幼馴染のフェリックスは、容姿端麗頭脳明晰運動神経抜群の、ただし思ったことは何でも口にするトラブルメーカーのエリート士官。
……美味しい組み合わせです♪とにかくフェリックスの言動が面白くて、誰と話していても漫才状態。本人は真剣に話している上超マイペースで他人の事を気にしないので、相手はいつも振り回されてしまうのです。
前シリーズ「有閑探偵コラリーとフェニックスの冒険シリーズ」で紆余曲折あり、最終的にフェリックスは軍をやめ、二人は結婚します。
今のシリーズは、タイトルどおり二人の新婚旅行先が舞台です。大富豪の祖父のたったひとりの孫であるコラリーは、その素直で愛情深い性格もあり大変溺愛されています。そんな二人の新婚旅行先は豪勢に海外を巡っているのですが、行く先々で事件が起こるのはお約束。前シリーズで退場したフェリックスの恋敵怪盗シュシナックに代わって、新たな恋のライバルも登場し、相変わらずのにぎやかさです。
今回の舞台は熱帯地方。遺跡と出土品の盗難にからんだ殺人事件です。殺人事件の犯人と間違えられた二人は逃亡しながら、なんとか真犯人をつきとめようとして……内容の感想は「追記」にて。








密林の至宝コラリーとフェリックスのハネムーン・ミステリー


密林の至宝コラリーとフェリックスのハネムーン・ミステリー

著者:橘香いくの
出版社:集英社
本体価格:514円


相変わらずフェリックスは頼りになります♪
けど、前作で新たに恋のライバルになりそうだった年下の生意気な男の子レオが、今作で退場してしまうようで残念です。大学留学先がファブリアということは、このシリーズではもう会えないんでしょうか(泣)
代わりに凄いことになりそうです。
大富豪ジャコモさん、最後に
「孫たちの中で、コラリーを手に入れた者がマリネッティ次期総帥」と宣言。
手におえなかった問題児レオが、コラリーに恋してから別人のようにまっすくで男らしくなったのを目の当たりにして、コラリーの影響力に目をつけたらしいです。あの、ほんとコラリーは一応人妻なのですが……フェリックス、苦労するなぁ。孫が何人いるか不明ですが、かなりの混戦模様になることは間違いありません。次回作が楽しみです♪
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。