漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
嬉野君「パートタイム・ナニー」
時給五千円につられてティッシュ配りのチラシにあった「外国人家庭の坊の乳母」に応募した高校生・剛。
めでたく合格してみれば、その「坊」とは、剛より一つ年上の通称バブー・ウェリントン。
超トラブルメーカーだった……



人物紹介が見事に男性だけだったので、うっかりBLものを買ってしまったかと思いました(笑)
なんというか、ジェットコースター
面白かった~
次から次へと現れる異常事態と「ウェリントン」の設定に、大いに楽しませていただきました。
この勢い、マル魔シリーズの一巻と似ています。
ただ、あちらは丸ごと異世界に飛ばされたのに対して、こちらはあくまで現代日本の下町がメインなのと、主人公の落ち着きっぷりからあそこまではじけていませんし、まあそもそも作風違いますし。
紹介したいけれど、ネタバレになるので難しい。
二巻目以降も期待です。
「ウェリントン」の凄さには慣れてきたので、新鮮さという意味では難しいかもしれませんが……
あ、でも「お父様」が残っているか……バブー坊ちゃまを上回るというトラブルメーカー。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。