漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
夢枕獏「月の王」
古代インドが舞台。
剛毅で退屈嫌いの王子・アーモンと従者ヴァシタの、魔物遭遇冒険譚連作。

舞台設定のためか、性描写が異質なのと(行為があるわけではありませんが)、ばんばん人が亡くなるのがちょっと、な一冊。
表題作なんかいいと思ったんですけれど、↑がなければ……。

こうしてみると私の許容範囲って意外と狭いのかも。
中学のときに菊池秀行に出会った衝撃に似ている……。あ、菊池秀行好きですよ、未だに流してしまう部分もありますが(それでも読んだといえるのか)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。