漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
テリー・グッドカインド「魔道士の掟」 全5巻
真実の剣シリーズ第一弾。

ある出来事によって世界が魔法のない「ウェストランド」魔法の国「ミッドランズ」隔てられた「ダーラ」に三部され、<境>によって完全に閉ざされた世界。
ウェストランドの狩人リチャードは、ある日森でカーランという女性の命を救う。ミッドランズから世界が分かたれるときに姿を消した偉大なる魔法使いを探しに来たという彼女と友達になり、手助けを始めたリチャードは、世界を破滅させる魔王の陰謀と自らの運命を知ることになった。

世界観も、登場人物も、ストーリーの起伏も大満足、な私の唯一の引っかかりは、現代の犯罪にも似た性描写含めた暴力などの残酷描写。
今まで私が接してきたファンタジーは、主人公の成長を描いたものやラノベの青春ものが多かったのでちょっと衝撃を受けました。
面白いんですよ。……ただ、二十歳未満にはおすすめしたくない。ああ、この葛藤。

設定で惹かれたのは理性ではなく「怒り」をもって振るうのが正しいという「真実の剣」。その理論が面白いです。カーランの職業「贖罪師」含めた「魔術師」「探求者」「呪術師」仕事のバランスも上手いですね。
もちろんサブタイトルになった「魔道士の掟」も最後までひっぱる大事なキーポイントです。
登場人物は味方も敵もわんさか出てきてどの人も魅力的ですが、個人的には主人公のリチャード以外に、魔術師のゼットと少女レイチェルがお気に入り。ヒロインのカーランよりディーナに萌えてしまうのは日本人だからか。
そしておすすめするからにはハッピーエンド!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。