漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
真朱那奈「天啓のパルティア 月の姫巫女が予言する」
満月の夜に「月の聖女」に下された予言が現実となる世界。

ルンゲート王家で予言をする「月の聖女」の最高位は「月の姫巫女」、満月の夜に十以上もの天啓を受け、次の新月の夜に予言として王家に伝える。そして王家の皇后となり皇帝と共に国を支えることとなる。
16歳の皇太子ハルバートの婚約者となった13歳の少女パルティアは、不吉な予言を軽減しようと自らが動く、聖女に似合わぬじゃじゃ馬であった。一年後、王家断絶すら暗示するこの上なく不吉な予言がくだされ……

おいしい、のですが
以前ならば当人だけが捻じ曲げられる。たとえば「嵐の夜に家々が沈む」という予言に、パルティアは嵐の夜に噴水に幾つもの犬小屋を投げ込み、実際に流されそうだった人家が奇跡的に助かる……という設定が面白いです。それを受けての主人公の性格と公道も好印象。
ただ……ハルバートが滅茶苦茶完璧すぎて、なんとも。
皇太子として有能で実腕を振るい、腕も立ちハンサム、誠実でパルティアを愛している。
「完璧すぎて面白みにかける」と登場人物に評価されているんですが、その通り。
文句のつけようがないだけに唯一パルティアに振り回される姿が隙といえば隙、何ですよね。
逆を言えばパルティアも、かな。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。