漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
真朱那奈「天啓のパルティア 暁の魔女は夢をみる 」
「わたし、あなた以外の男の妻になんて、ならなくていいんだよね」
「ああ、そうだよ。そなたは余のものだ。誰にも渡しはしない」


満月の夜に「月の聖女」に下された予言が現実となる世界。

帝国ルンゲートの未来を占う十四歳のパルティアは、最高位の聖女「月の姫巫女」であり、優しく有能な皇太子ハルバートの婚約者。仲の良かった元聖女のメルキアが新しい侍女となり少しずつ生活も変わっていく中、年に一度の“満潮祭”を前に下された予言「暁の魔女」の言葉に、姫巫女を巡る陰謀が動き出して…

ご馳走様でしたvvv
パルティアの襲撃事件をきっかけに、パルティアが初めてハルバートに不満を感じて喧嘩したり、完璧超人のハルバートの激情がみれたりと、なかなか美味しかったですvこの作品のカップルはがっちりまとまってしまっているだけに、こういう波乱がきてくれると面白みが増すというか……犬も食わないなんとやら、が前提ですが。
次回もこんな感じだといいですね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。