漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
宇津田晴「珠華繚乱―天山に咲く華」
「俺は自分の目が黒いうちに、蓮祥の花嫁姿が見たいんだ」


幡国への「婿入り」の一件から、無事に珠国へと戻った蓮祥。しかし父祥善より、幡と珠の国境であり山賊の被害の続く天山行きを命じられる。一方幡国でも龍牙が天山へと向かっていた。天山で久しぶりの再会を果たした二人。しかし、そこには思わぬ恋の試練が待ち受けていて…。

舅らにいぢめられるヒーロー、のお約束目当てに読んでます
「蓮祥行かず後家推進委員会」……(笑)迷惑な。
反対する理由な中に、人材不足だから、なんてのがあったのが凄く新鮮。
父も兄も家臣も蓮祥を実は溺愛、もお約束。蓮祥の兄祥達から龍牙が苛められるのもお約束。応援しているかに見える玄武も厳しかったりするのもお約束。頑張れ龍牙。

二人の恋愛も少しずつ前進しましたv
仮面を剥いでようやく国政に参加し始めた龍牙にとって、反乱軍に身を置き国が立ってからも人材不足のためフル活動してきた蓮祥は先輩。
だからゆえの揉め事ですが、雨降って地固まるというところで。
受難の始まった龍牙ですが、美味しいところはちゃんともらっているので大丈夫ナノデス。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。