漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
おがきちか「Landreaall」2
「イオン…飴でも舐めて黙ってろ
 その辺の無害そうな男前をだましてさらって婿にしてしまえ
 本性がばれたら貰い手はないんだから」
「お兄こそ黙ったら!こんなご馳走を前にして飴なんか舐めていられないわ」

「お兄ちゃんです…」のやり取りも美味しいですが、個人的にはイオンちゃん美少女バージョンで。

エカリープの領主の息子DXと妹のイオン、護衛の忍者・六甲の一行が、火龍を封じるマリオンを救う手立てを探すため隣国バチカン共和国へ乗り込んでの騒動決着の巻。
段々と主要人物の性格や舞台背景が分かってきて、楽しくなってきました。
うーーン、DXは良い男だし、イオンちゃんは可愛いし、ウールン様も可愛いし。
一巻では田舎の領主なイメージだった「エカリープ時期当主」が意外と重い立場だったのかと。
飄々としたDXはいざとなれば……あとシスコン。
お転婆イオンは着飾って美少女に化けつつも食い気優先。
パンテルイモノス王国国王の末娘でバチカン共和国の幼い領主ウールンは、一見お飾りで居丈高なお嬢様と見えて、立派な領主でいてまた少女らしく可愛かったり。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。