漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
おがきちか「Landreaall」7
「ライナスに殴られました」
「てめ そこだけ正直に言うな」

ルーディ誘拐の解決、「銀蹄夜」の始まり。
ルーディの誘拐の芝居より、DXには聖名の呪いを跳ね返す「火竜の加護」があるとの札がつき。
独立機関として校長が今回の事件を皆に、アンは「王位継承者」としての姿勢をDXに諭す。
実はカディス家をねらっていたと知ったライナスは……

DX、格好良い!!ハッタリなのがなおさら。
なんだかんだで学園内の事件ではありつつも、王位騒動の縮図のような。
でもそれぞれDXに抱いていた隔意がなくなっていくのは気持ち良いvv
イオンがノアルド先生との修行の旅の誘いを断ったり、事件のときに投げナイフの腕を見込まれたフィルが王城で従騎士の訓練に参加するようになったりと、将来への動きも徐々に。
ますます楽しみです♪

巻末小話は呪術士の女の子の話と、ミーナ→海老庵先生と、エカリープを訪れた老師なそれぞれ一ページ小話。ミーナ、渋い。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。