漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
犬村小六「とある飛空士への追憶」
「美姫を守って単機敵中翔破、1万2千キロ。やれるかね?」レヴァーム皇国の傭兵飛空士シャルルは、そのあまりに荒唐無稽な指令に我が耳を疑う。
次期皇妃ファナは「光芒五里に及ぶ」美しさの少女。そのファナと自分のごとき流れ者が、ふたりきりで海上翔破の旅に出る!?
...圧倒的攻撃力の敵国戦闘機群がシャルルとファナのちいさな複座式水上偵察機サンタ・クルスに襲いかかる! 蒼天に積乱雲がたちのぼる夏の洋上にきらめいた、恋と空戦の物語。


とある読書ブログさんのおすすめで入手してみたのですが……
さわやか!

凄くキラキラとしたガラスのようにきれいな初恋物語でした。
身分の差のある少年と少女、二人きりの旅路、追手に追われ、つかの間の休息、そしてラスト……何もかも王道なのに、もう展開は読めているのに、それでも惹かれてしまいました。それが王道の強み。安心して読める。
惹かれあうようになる二人の、お互いへの敬意に満ちた心の距離の縮め方。
そして洋上の旅路での美しい光景は、戦いのシーンでさえ、あくまで複数の敵から「逃げる」ことを前提としているので生臭さを感じないでスリルとヒーローの技術の素晴らしさを味わうことができます……観ていて映画のように心の中で飛行機の姿を思い浮かべながら読んでいました。
圧巻はやはり二人のラストシーン。
映像化で観たいような、自分の心のなかで浮かんだこの光景を大事にしたいような、……
そしてエピローグがまた心憎いんです。
私にとっては、過不足なく完成された物語です。
何度も読み返したいのではなく、宝物として大切にとっておいきたい本。

「ローマの休日」を彷彿とさせるところもあり……とこの記事を書くためにアマゾンさんにいったら作者さん本人が「『ローマの休日』 」+「『天空の城ラピュタ』 」を意識していたと書いてありました。なるほど。あとがきがないのでこの作品に対する作者さんの意識が分からなかったので、知ることができてよかったです。
ご不満な方の意見も分かりますが、「物語」として楽しめたものがち、かな。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。