漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
伊東京一「バード・ハート・ビート舞姫天翔!」
チビで目つきの悪い少年テオの夢はここ、巨鳥が棲む渓谷の国ラビーヌで競鳥騎手になること。だが現状は、空を翔けては落っこちて幼なじみのララにからかわれてばかり。ある日、愛鳥を駆るテオが出会ったのはケガを負った大バトと異国の少女リーン。初対面で突然蹴られて鳥を奪われかけたのに、放っておけないテオは彼女を町へ連れ帰る。やがて「どうしても天都へ行く」と言い張る彼女を送り届けることになったテオは!?大空を羽ばたく恋と冒険のファンタジー。

爽快な少年漫画の王道!…小説ですけれど。少女小説そいうジャンルはあってもこの場合どういうんだろう。
再び空と少年少女の逃避行。
ただしラブ度は低め、競鳥にあこがれる少年テオはまだまだ「ガキ」で彼の成長物語でもあるかも。……このあたりがジャンプみたいな少年誌の王道モノみたいで、まだまだ続きが楽しみです・
今度は空といっても断崖絶壁が何万と連なる渓谷の国。そのため交通手段である巨鳥である。……これが怪鳥ではなく、姫笠ツグミやら大バト蛍コマドリ白チョウゲンボウ鬼ガラスなど、私たちの身近の鳥の名前を使っていて、彼らが大きくなった姿を想像すると微笑ましい。……車やヨットのレースがあるように、巨鳥のレースが出来るのも分かるし、渓谷を飛び抜けるスピード感溢れる姿も想像にたやすくて。
国を巡る陰謀もちょっとありそうですし、続刊が楽しみです♪

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。