漫画・アニメ・書評から日常の愚痴まで、思いつくままの日記です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
宇仁田ゆみ「うさぎドロップ」
「おれんち、来るかァ?」
享年79祖父の葬式で、祖父の隠し子りん6歳の存在を知ったダイキチ30歳祖父似。自分の家族を含め引取りを拒む親戚の話し合いに腹を立てたダイキチは、衝動的にその場でりんに声をかけ自分が育てると連れ去ってしまう。
そして独身男の初めての子育てが始まった。

いや、リアルでほのぼのします。
現実的というか、いろいろ子育てに関することもそうですが、シゴトを抱えている独身の男性が子供を持つ上での職場での反応とか、実際に考えなければいけないことで、身構えず戸惑いながらも一つ一つクリアしてりんちゃんとの絆を深めていく。
親戚だって取り立てて悪意がある人たちというわけではなく。
熱く感動的に盛り上げようというのではなく、静かに流れていくのが心地よい話。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。